看護師、準備万端で転職に挑みましょう!

看護師が転職する場合は理由を明確に説明できるように

給料が安いとか、不規則なシフト勤務に身体がついていかないとか、人間関係が上手く行かないとは、スキルアップを図りたい――こういったさまざまな理由で看護師が転職を考えることになります。
手術室看護師に求められるスキルと知識とは

一般的な企業よりも圧倒的に転職率が高いのが看護師業界です。 ここでは、看護師が転職する場合は転職理由を明確に説明できるようにして欲しいということを説明したいと思います。

看護師が次の転職先を探して活動をスタートする場合には、求人情報の条件に目をやりがちです。 けれども求人を選ぶ前に大切なことがあります。 それは転職理由を明確にすること――これができていないと転職しても同じくりかえしになってしまうかもしれないからです。

人それぞれに転職理由を持っています。 <今の職場に対する不満>が転職理由である場合はどうでしょうか? 次の新しい職場でも似たような状況になってしまうかもしれません。

看護師の転職を失敗に終わらせてしまうと厄介です。 成功する転職にするためには<発想の転換をしてみる>アプローチをしてみてください。 違う職場に転職したとしても同じ状況になるかどうかはあなた自身の考え方にあるということです。

看護師が転職しようと思っても踏みとどまるケースが多いです。 それは<転職しても結局同じじゃないか>と思うからでしょう。 そうではなく、転職活動に関する考え方を変えてみるのです。

ポジティブに転職活動を捉えましょう。 環境を変えるだけで自分自身の気持ちを豊かにすることができます。 転職理由が<不満>であれば「転職することで環境が変わり、自分自身を豊かに成長させるんだ!」と転職する理由を位置づけるといいでしょう。

そういった意識改革ができるならば不満が理由での転職ではなくなります。 自分自身を豊かにするという素晴らしい転職理由になります。 目的が変わってくるわけです。

以上、看護師が転職する場合は理由を明確に説明できるようにして欲しいということを説明しました。 ネガティブな理由からポジティブな理由を持てば、面接でもしっかりとした受け答えができるようになるでしょう。

看護師が円満に転職できるポイント

転職したいなぁ――そう思ったらすぐにでも動きたいと思うかもしれません。 しかしながら、転職活動には準備が必要ですし一般的な流れがあります。 このような知識を事前に持っておけばドタバタすることなくスムーズに転職できます。

ここでは、看護師が円満に転職できるポイントをまとめておきましょう。 ステップ1は、<転職する理由を整理する>ことです。 現在の勤務先に対しての不満が転職理由ではどうしても「逃げている」というイメージになりがちです。

たとえば「プライベートの生活を充実させたいから」とか「看護師としてのキャリアを磨くため」――こういった理由があればいいです。 魅力的な看護師にあなたが見えないと採用側は躊躇してしまうでしょう。

ステップ2は<転職先の情報を入手する>ことです。 求人雑誌を見たり、看護師専門の転職サイトを参考にして情報収集をするのが最近では一般的です。 気に入った案件があれば、実際にその医療機関を自分の目で見てみましょう。 患者様への対応とか仕事ぶりは外来をみれば大雑把に評価できるはずです。

ステップ3は<応募書類作成・面接>です。 気に入った求人先が決まったら、応募しましょう。 面接の段階に進むためにはまずは、履歴書や職務経歴書を提出して書類審査にパスしなければなりません。

近頃は看護師不足ですから、よほどじゃない限り書類選考で落とされることはないでしょう。 大切なことは面接する際に好印象を与えることができるかどうかです。 中には面接プラスレポート提出や簡単な筆記試験をするケースもあります。 面接では退職理由を聞かれますから、ステップ1で整理したことが役立ちます。

ステップ4は<退職準備>です。 面接に合格すれば、退職の準備にとりかかります。 直属の看護師長へは1カ月半から2カ月前には口頭で伝えておきたいです。

退職する勤務先に迷惑がかからないようにするように、計画的に考えましょう。 引き継ぎに充分な時間をとれるように配慮することがスムーズな転職には欠かせません。

ステップ5は<退職手続きと入職手続き>です。 厚生年金や厚生年金保険など、次の職場へ転職する場合の手続きが必要です。 どういった書類が必要なのか書類の確認をしておきましょう。

copyright 2014 手術室看護師 All Rights Reserved.

※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。